平成24年度 第5回役員会を開催

2013年02月21日更新

役員会報告: 平成24年度 第5回役員会を開催

平成25年1月22日(火)、船橋YEGの御設営により、千葉県商工会議所青年部連合会の第5回役員会を開催いたしました。

 

<会場>

  船橋グランドホテル  船橋市本町7丁目11番地1号  (電話)047-425-1121

  http://www.funa-gh.co.jp/

 

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

 

・役員会 15:30~

 

船橋YEGの大木総務広報副委員長の司会により開会、「商工会議所青年部の歌」斉唱、船橋YEGの小西監事による「商工会議所青年部の綱領朗読」の後、全員で「指針の唱和」を行いました。

 

司会進行する 船橋YEG 大木 総務広報副委員長 「商工会議所青年部の歌」斉唱
(左)司会進行する 船橋YEG 大木 総務広報副委員長 (右)「商工会議所青年部の歌」斉唱

 

要領朗読・指針唱和  (船橋YEG小西監事) 指針唱和
(左)要領朗読・指針唱和 (船橋YEG小西監事) (右)指針唱和

 

 

 

議事に先立ち、登坂県連会長と、御来賓の開催地である船橋商工会議所副会頭の小西 宗仁 様に挨拶をして頂きました。
伊藤賢二会頭が公務日程重複により御欠席となり、代理として御臨席を頂いた小西副会頭より、『 商工会議所の一翼を担う立場を良く認識され、研鑽努力と連携に努められていることに対し、深甚なる敬意を表します。常日頃より地域貢献や地域活性化に御尽力を頂いているが、地域にはブランド品があります。県内各地のブランドを青年部で声高にPRして頂きたい 』と御挨拶を頂戴しました。

 

登坂県連会長挨拶 御来費挨拶(船橋CCI 小西副会頭)
(左)登坂県連会長挨拶 (右)御来費挨拶(船橋CCI 小西副会頭)

 

その後、高橋副会長が議長に指名され議事に入りました。

 

 議長の高橋副会長IMG_1207
議長の高橋副会長

 

 

【審議事項】

(1) 平成24年度第4回役員会並びに第1区研修委員会事業収支決算(案)について

(2)平成24年度 第6回役員会 並びに 臨時総会開催(案)について

(3) 企画委員会新規事業(案)開催について

 

 審議議案を説明する 浜田副会長 一括審議案件を説明する 宮崎副会長 審議
(左)審議議案を説明する浜田副会長 (中)一括審議案件を説明する宮崎副会長 (右)審議

 

 <結果> 上記議案について審議の結果、全会一致により原案どおり承認、可決されました。

      ※(2)並びに(3)については同日開催の関連性により一括審議としました。

 

 

【協議事項】

(1)平成25年度事業計画(案)について

(2)平成25年度 収支予算(案)について

(3)千葉県商工会議所青年部連合会 規約一部改正(案)並びに細則(案)の作成について

(4)千葉県商工会議所青年部連合会 主催・主管・共催・協賛・後援等に関する規程(案)について

 

会長所信や事業計画についてを説明する 森田次年度会長予定者 議案説明をする 内山副会長 意見を述べる 廣瀬理事(銚子YEG)
(左)会長所信や事業計画についてを説明する森田次年度会長予定者 (中)議案説明をする内山副会長 
(右)意見を述べる廣瀬理事(銚子YEG)

 

 <結果> 上記議案について協議の結果、次回役員会において協議・審議案件として上程することとなりました。

 

 

【報告事項】

各委員会、日本YEG、関青連の活動報告、そして関東ブロック大会ちば八千代大会に関する報告が行われました。

 

【監事講評】

 田中監事の講評 富永監事の講評
(左)田中監事の講評 (右)富永監事の講評

 

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

 

・懇親会 

 

船橋YEGの輪湖副会長の司会進行により懇親会が開会し、開催地である船橋YEGの篠原会長より、歓迎の挨拶を頂きました

 

懇親会の司会進行をされた、船橋YEG輪湖副会長 開催地 船橋YEG 篠原会長の挨拶
(左)懇親会の司会進行をされた、船橋YEG輪湖副会長 (右)開催地 船橋YEG 篠原会長の挨拶

 

山内顧問より、『当年度も残すところ3カ月足らずとなった。次年度体制のスタートに向けて、しっかりとした引き継ぎが出来るように頑張って欲しい』との御言葉を頂き、乾杯の発声をお願いしました。

 

山内顧問 山内顧問の発声による乾杯
(左)山内顧問 (右)山内顧問の発声による乾杯

 

 去る12月3日(月)に開催された、”日本YEG創立30周年記念復興チャリティーゴルフ大会in千葉” の「スクラッチの部」において、千葉県青連チームは、『優 勝』いたしました。

 その、スクラッチの部に出場された 4名の選手の健闘を称え、優勝の証である『栄光の皿』を披露しました。残念ながら、急な仕事の都合により、お二方が欠席となられましたが、その分、日本YEG交流委員会出向の森田委員(次年度会長予定者)の卓越したMCにより、盛り上げて頂きました。

 

石井孝昌君(千葉YEG) ゴルフ大会報告
(左)石井孝昌君(千葉YEG) (右)ゴルフ大会報告

 

大磯 岳士君(市川YEG) 栄光の皿
(左)大磯 岳士君(市川YEG) (右)栄光の皿

 

「スクラッチの部」、「ハンデの部(チーム成績5位獲得)」に出場して頂いた選手、そして、応援参加で出場して頂いた43名の方々に対して、森田委員から改めて御礼と感謝の言葉があり、盛大な拍手で健闘を称えあうとともに、絆を深めました。

 

その後、各ブロックの単会のPRを行いました。

 

1区PR  2区PR
(左)1区のPRタイム  (右)2区のPRタイム

 

3区PR 4区 PR
(左)3区のPRタイム  (右)4区のPRタイム

 

 

今回の役員開催にあたり、準備から当日の設営と運営に御尽力を頂きました船橋YEGの皆様に、厚く御礼申しあげます。

 

 

 
前のページに戻る