平成28年度 会長所信

YEGの誇り  ~ Strong 1,000 again ~

 

私は、32歳の時に独立し、自分の事務所を構えました。全くのゼロからのスタートでしたので、事務所の売り上げを上げる為には人脈を拡げる必要があるのではないかと考えました。そんな折に、私は、商工会議所青年部に入会しました。

 

現在、私は、ライオンズクラブ等にも籍を置いています。これらの団体は、ボランティア団体です。ボランティア団体ですので参加する事によって、目的は達成されます。単純にその活動に参加する事により、地域のお役に立つことが出来ます。商工会議所青年部は、どうでしょうか。参加する事にて、目的は達成されるのでしょうか。商工会議所青年部の目的は、「商工会議所青年部は、地域社会の健全な発展を図る商工会議所活動の一翼を担い、次代への先導者としての責任を自覚し、地域の経済的発展の支えとなり、新しい文化的創造をもって豊かで住みよい郷土づくりに貢献する。」この綱領にもある通りです。自己成長と自企業の発展がなければ、商工会議所青年部に入会する意味はあるのでしょうか。商工会議所青年部は、ボランティア団体ではありません。自己成長と自企業を発展させて、地域社会に貢献する一役を担う必要があります。商工会議所青年部に入会し、また活動をし、求めているものは会員皆様、それぞれ異なっているかもしれません。また、異なっていても間違いではないと考えます。しかし、商工会議所青年部の綱領を改めて考え、自己成長と自企業の発展を目的として活動する事が大事なのではないでしょうか。

千葉県商工会議所青年部連合会は、会員が1,000名に届きそうな勢いになっています。会員の皆様、このスケールメリットを存分に利用して頂ければと考えています。各地域、各企業が抱えている要望、要求を1,000人の声として、行政に訴える事が出来ます。

 
現在、大手企業の粉飾決算等、信じられない事が起きています。この倫理観が欠如した行動は、何が原因なのかと考えた時、私は、現在、置かれている自分の立場を考えず、自分自身に誇りを持っていないのではないかと考えました。自分自身に誇りを持ち、家族、友人等に胸を張って言える行動、また、カッコよく生きる事が、倫理観が欠如した事件等を無くす事が出来るのだと信じています。
千葉県商工会議所青年部連合会の一員である事に誇りを持ち、自己成長と自企業を発展させる事に、日々精進して、地域社会に貢献出来る企業にしようではありませんか。

 

 

 

過去の会長所信

平成27年度 浜田 智一 会長所信

平成26年度 杉浦 正実 会長所信

平成25年度 森田 真二 会長所信

平成24年度 登坂 和広 会長所信

 

 

 

 
前のページに戻る