千葉県商工会議所青年部連合会 会員大会 2/1〜2

2013年12月01日更新

会員大会の開催について

◆目  的  当県青連に所属する青年部会員の資質向上と、会員相互の親睦を図り、
       今後の、青年部活動の活性化等に寄与することを目的とする。
       そのため、視察、研修、親睦を図る事業を広域連携によって開催する。

◆主  催  千葉県商工会議所青年部連合会

◆開催日程  平成26年2月1日(土) ~ 2月2日(日)

◆対  象  千葉県内YEGのメンバー、事務局など

◆募集規模  150名程度

◆募集期間  平成25年12月2日(月)~平成26年1月9日(木)

◆担  当  視察研修   研修委員会   (4区)
       役員会   総務広報委員会  (3区)
       講演会   企画委員会    (2区)
       懇親会   会員交流委員会  (1区)

◆内  容 (1)視察研修

         ①海上自衛隊館山航空基地

         ②道楽園

         ③安房麦酒

         ④館山ファミリーパーク

      (2)役 員 会 : 館山ファミリーパーク 〔レストラン〕

      (3)講 演 会 : 館山ファミリーパーク 〔体験工房〕

      (4)懇 親 会 : 館山ファミリーパーク 〔体験工房〕

      (5)エクスカーション : 館山CC、館山市及び近隣の観光

 

スクリーンショット 2013-12-01 10.05.07

スクリーンショット 2013-12-01 10.05.17スクリーンショット 2013-12-01 10.05.46

スクリーンショット 2013-12-01 10.05.58スクリーンショット 2013-12-01 10.06.18

 

視察研修 開催について

【 趣 旨 】
 千葉県内でも有数の観光地である館山市を視察し、地域資源の活用事例を現地で
 視察することによって県内各地の地域資源発掘や町おこしの一助となるべく視察研修を開催する。

【 タイムスケジュール 】
 受付09:45~ (北条海岸駐車場)
 出発10:10~ (北条海岸駐車場)
 ・車でお越しの場合は、北条海岸駐車場に駐車してください。
 ・受付後、指定されたバスに乗車してください。
 ・基地への入場(検査)は、自衛隊側に提出した「基地見学者名簿」に基づき行われます。
 ・念のため、顔写真付きの身分証明(運転免許諸等)の御持参を願います。

  ①海上自衛隊第21航空群 館山航空基地 10:30 ~12:00
   住所:館山市宮城無番地 館山航空基地 (TEL0470-22-3191)
   http://www.mod.go.jp/msdf/tateyama/item/hazimeni/hazimeni.htm

  ②南房総 道楽園 (昼食含む) 12:30~14:00
   住所:南房総市富浦町深名550-1 (TEL0470-20-4401)
   http://www.dourakuen.com/top.html
   ・役員会に御出席される方は、館山ファミリーパーク行きのマイクロバスに御乗車ください。

  ③安房麦酒14:15 ~ 15:15
   住所:南房総市谷向394-1 (TEL0470-36-4231)
   http://beer.awa.or.jp/

  ④館山ファミリーパーク15:55 ~ 16:55
   住所:館山市布沼1210 (TEL0470-28-1110)
   http://familypark.jp/

 

 スクリーンショット 2013-12-01 10.16.34 スクリーンショット 2013-12-01 10.16.45

 

 

会員大会 講演会について

「正しい判断力を養う秘訣」  講師 飯沼誠司(いいぬませいじ)氏

 

ライフセービングは、一瞬の判断の誤りが生死を分けることがあります。周到な準備と冷静な判断が求められます。
企業生命もライフセービングと似ています。周到な準備、冷静な判断、突然のトラブルへの対応等、日頃の心構えが重要です。ライフセーバーとして経験した、刻一刻を争う場面でも冷静で正しい判断が出来る秘訣を伺い、企業経営の参考にしていただければと思います。

 

講 師:飯沼誠司(いいぬませいじ)氏
日 時:平成26年2月1日(土)17時〜18時
会 場:館山市館山ファミリーパーク内体験工房

 

 

飯沼誠司氏プロフィール

スクリーンショット 2013-12-01 18.28.26

 

3歳の時、持病のぜんそくを克服するために水泳を始め、小学校ではジュニアオリンピック、高校ではインターハイに背泳の選手として出場。

東海大学進学後、ライフセービングの本場オーストラリアの競技会や実際のレスキューシーンに魅せられ、ライフセービング部に入部。

すぐに国内の競技会で頭角をあらわし、ライフセ-ビング競技の花形種目アイアンマンレースをメインに活躍。
大学卒業と同時に、オーストラリアが主催するアイアンマンレースのワールドシリーズ「ワールド・オーシャンマンシリーズ」に日本代表として選出、日本人ライフセ-バーとしては初めてのプロ契約を果たす。
その後、全日本選手権アイアンマンレースでは5連覇という偉業を達成。98年全米ライフガード選手権5位入賞、10年世界選手権エジプト大会SERC種目準優勝など海外のレースでも数々の好成績を収める。

プロとして活動を始めると同時に、そのキャラクターを生かしテレビのバラエティ番組に進出。
その後俳優としても映画・ドラマ・舞台で活躍する。
千葉県館山市スポーツ親善大使。
2010年 ライフセーバーオブザイヤー受賞。
I・S・C・Mアカデミー永田一彦理事長に師事した後、2010年 Nメソッド護練士に認定。
2012年 Rescue2012 U-19日本代表監督就任。

 

 

 

 

 
前のページに戻る